京都で男のヒゲ脱毛のお勧めランキング

京都のヒゲ脱毛お勧めランキング

メンズリゼ

メンズリゼ

ライトシェア・デュエットでヒゲの永久脱毛・メンズリゼ

メンズリゼクリニックは医療クリニックなので医療機関のみの「医療レーザー」を使用したヒゲの脱毛を受けることが出来ます。


メンズエステサロンでは真似出来ない、これは医療クリニックならではの大きなメリットと言えますね。


しかも、使用している「ライトシェア・デュエット」は従来のレーザー脱毛機器ではなく、「日本人男性の毛質に最適」な機器なのでさらにお勧め!


>>詳細はこちら


メンズリゼのここがお勧め!

メンズリゼクリニックはエステではなく医療機関(クリニック)なので、脱毛医師が最新医療脱毛機で本格的な脱毛を受けることができるから確実&安心です!


これはエステには真似できない、クリニックならではの特筆すべき点で「日本人男性の毛質に最適」と言われている最新医療脱毛機「ライトシェア・デュエット」を導入しており、ムダ毛一本逃がさない確実&安全な脱毛ができます!


医療機関のクリニックだから、麻酔を併用した脱毛方法で痛みも和らげて脱毛することができます。

院情報

京都四条院:診療時間10:00〜20:00 休診時間:14:00〜15:00※不定休


京都伏見院(山本整形外科):診療時間:月・火・水・金曜 11:00-20:00 土曜 10:00-19:00


休診日:木・日・祝

湘南美容クリニック 京都院

湘南美容クリニック 京都院

男性の脱毛実績も豊富

京都で男性脱毛なら累計実績18万3560件がある湘南美容クリニック京都院がお勧め!


医療レーザー脱毛の効果を実感してください。


医療機関なので安心!資格を持ったスタッフが脱毛相談や施術をしてくれます。


痛みの少ない医療レーザーヒゲ脱毛


初回トライアル9800円、3回19800円で実施中!


>>詳細はこちら


京都院のここがお勧め!

湘南美容クリニック 京都院はジェントルレーズ(アレキサンドライトレーザー) 3台で対応。


メディオスターも1台あります。

京都院 

診療時間AM10:00〜PM11:00 年中無休・予約制

リンクス京都河原町店

リンクス京都河原町店

光脱毛で痛くない施術

レーザー脱毛より痛くない光脱毛なので、痛みに弱い方にお勧めのサロンです。


初回限定で各部位が1,800円で受けられるお試しプランが人気!


男性スタッフが施術してくれるので恥ずかしさも和らぎます。


日本全国に店舗があるので転勤や引越しなどで住む所が変わっても継続して脱毛が出来ます。


>>詳細はこちら


リンクスのここがお勧め!

日本人男性の毛質に合わせた、日本初の男性専用脱毛機を提携メーカーと開発した国産の光脱毛機を使用した脱毛施術と、施術時に冷却システムを導入した事で、より痛みの少ない脱毛が可能。


「レーザー脱毛は痛くて続けられない」という方や「痛いのはちょっと苦手…」という方にお勧めできるサロンです。

RINX(リンクス)京都河原町店

営業時間:平日12:00〜21:00/土日祝11:00〜20:00(火曜定休)

脱毛方法の整理

光(フラッシュ)脱毛 痛み小・脱毛の確実性低い・料金が安い
レーザー脱毛 痛みは中・脱毛効果は中・料金は高い・医療機関のみ
電気針(ニードル)脱毛 痛み強・脱毛の確実性高い・料金高い

ページトップへ戻る

ひげ脱毛を京都でするならここをチェック!

ひげ脱毛を京都で考えていて、どこを選べばいいのか判断するチェックポイントは4つあります。


このチェックポイントをしっかりと押さえておけば大丈夫!

失敗しないひげ脱毛をしましょう。

.料金体系は明確にしているか?

ヒゲ脱毛京都

最近はかなり少なくなったようですが、以前は料金体系が分かり辛かったり思いがけない追加料金を請求してくる場合が多かったようです。


確かに最近では少なくなってきたようですが、よく名前を聞くような有名クリニックや脱毛サロン以外では未だにその様な話を聞くこともあります。


そんな粗悪なサロンに当たらないためにも前もってよく調べたり、サロンスタッフの教育はしっかり行き届いているところなのか?


などを初回の無料カウンセリングの時にしっかりと確認するようにしましょう。

脱毛効果が高いかどうか?

ヒゲ脱毛京都

日々脱毛の技術は進歩しているので最近の脱毛効果は一昔前と比べればとても効果のあるものになりました。


しかし自分のヒゲの状態や体質などに合わない方法であったとしたら、期待しているよりも低い効果しか得られない結果になることもありえます。


脱毛クリニックなら医療用レーザー脱毛、脱毛サロンならフラッシュ脱毛での脱毛が主流なのですが、お金を無駄にしないためにも、脱毛サロンの機材は最新の機材を使っているか?自分に合った機材なのか?など初回の無料カウンセリングの時に確認することが必要です。

通いやすい場所にあるか?

ヒゲ脱毛京都

ヒゲ脱毛に通うのであれば、定期的に長い期間通う事になるので、出来る限り交通アクセスが良い立地にあるサロンに通うのがオススメです。


特に自宅から職場や学校の途中に有る方が望ましいと言えます。


自分の行動範囲内であれば通うのが面倒になったり、途中で諦めてしまったりする事も少ないでしょう。


出来る限り最後まで脱毛を続けてみるようにしましょう。


もし途中で脱毛を止めてしまった場合は、それまでに費やしてきた時間やお金が無駄になってしまいますからね。

自分にあった脱毛プランがあるか?

ヒゲ脱毛京都

脱毛部位のコースは脱毛サロンによって様々なコースがありますが、その中に自分が希望する脱毛コースがあるかどうか調べておきましょう。


「ひげ脱毛コース」を例に上げますが、Aサロンのコースは「鼻下・両頬・アゴ下」まであるのに対して、Bサロンは「鼻下・アゴのみ」となっている場合もあります。


脱毛サロンによって脱毛範囲が異なれば料金も異なってきますので、無料カウンセリングの時や事前に確認しておく必要があります。


以上の4つのポイントをしっかり確認しておけばサロン選びで失敗することは無いでしょう。

ページトップへ戻る

ヒゲ脱毛方法を知っておこう

レーザー・光(フラッシュ)・ニードルが現在ヒゲ脱毛の主流

ヒゲ脱毛京都

エステサロンや医療施設のクリニックなどで脱毛されている方が現在では一般的になってきていますが、その中で脱毛方法にも色々な種類があります。


クリニックはレーザーが主で、エステサロンでは光(フラッシュ)・ニードルの脱毛方法が現在では主流の脱毛方法となっています。


ヒゲ脱毛を始める前に、現在主流であるそれぞれの脱毛方法について知っておきましょう。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、黒色や茶色に吸収される波長のレーザー光を皮膚に照射することで、毛・毛根・周辺組織を変質させ脱毛する方法です。


なので、レーザー光を吸収しない「白髪」には脱毛効果は無く、また極端に日焼けした肌にはレーザーを照射する事が出来ません。


またレーザー照射後1週間くらい経ってからヒゲが抜け落ちてきますので、照射したその場ですぐに毛が抜けるわけではないので思い違いをしないようにしましょう。


個人差はありますが、大体3回目以降から徐々に少なくなってきたことを実感できるようになり、最低でも5回程度は照射しないと効果があったという実感は得られないようです。


照射したときの痛みは「輪ゴムで強く弾かれたような痛み」とよく表現されているようです。


個人差はありますが、皮膚が弱く痛みに弱い方には結構厳しい方法かも知れませんね。


レーザー照射後はある程度肌が痛むので、肌の回復状態や、毛周期を見ながら脱毛する事になり、2回目のレーザー照射は1ヶ月ほど時間を置いて施術する事が一般的です。


施術前の注意点はレーザー照射前はヒゲを剃って行かないと、剃り残しがあれば別途料金を取られて剃られる場合も有るので注意が必要です。

一般的な日本人には、ダイオード、アレキサンドライト、ロングパルスヤグを使用することが主流で、他にはコメット、ルビー、P-NAIN等があります。

光(フラッシュ)脱毛

医療レーザー脱毛との違いは、「照射パワーの違い」と「照射範囲」が違います。


レーザー脱毛はレーザー光の持つ特性により狭い範囲にしか当てられませんが、光脱毛の光は拡散して当てることができます。


そのため光脱毛は広範囲を施術できるので、施術範囲が同じならばレーザーと比較すると照射回数が少なくて済むので時間の短縮というメリットがあります。


痛みに関しては照射パワーがレ−ザーと比べると低いので、痛みは少ない方ですがそれでも痛いと感じる方は多いようです。


脱毛効果ではレーザー脱毛よりも劣りますが、光脱毛は施術範囲の広さと値段の安さという長所があります。


レーザーと比較してみると低い値段で脱毛を行うことが出来るのが光脱毛の大きなメリットの1つと言えます。


また個人的な体質の違いもありますが、レーザーよりも効果があったという方も居ます。

ニードル脱毛(美容電気脱毛)

毛穴に先端が丸くなった針(プローブ)を差し込み、それに電気を流して毛根の毛母細胞を破壊して脱毛する方法です。


美容電気脱毛はアメリカで140年以上の歴史・実績があり、高度な技術が必要なため専門の技術者が施術します。


脱毛処理した毛はその場でなくなるので、しっかり脱毛できたと言う実感があります。


部分的な脱毛や、光を当てられない部分の脱毛、レーザーが効果のない白髪などに適している方法です。


毛穴に針を差し込むので、この方法が一番痛いと感じる方が多く、広範囲の完全脱毛には向いていないと言えます。


ヒゲ1本当たりでお金が掛かりますので、時間や金額的にも現実的な利用方法はレーザーや光でまばらに残ったヒゲ処理に利用することが懸命です。

ニードル脱毛の種類

電気分解法

発毛組織を電気分解作用により、毛包内で水酸化ナトリウムを発生させ、どんなタイプの毛も処理可能。

1本あたりの処理時間は60〜80秒。フラッシュ法やブレンド法に比べると時間がかかる。

フラッシュ法(高周波法)

高周波の出力が高いフラッシュ法と低いマニュアル法があり、高周波の加熱作用により、発毛組織を凝固させて処理し、広範囲の脱毛が可能。

ブレンド法ができない金属アレルギーの人も対応可能。1本あたりの処理時間はフラッシュ法は1秒以下。

ブレンド法

1本あたりの処理時間は3〜20秒。アルカリと熱の相乗効果で発毛組織を処理する。


電気分解法と高周波法を取り入れた方法で、毛質を選ばずに処理する事が可能。

ページトップへ戻る

ここに注意!ヒゲ脱毛前に知っておこう

ヒゲは生え変わるサイクルがある

ヒゲ脱毛京都

ヒゲを含めた体毛には「毛周期」と呼ばれる、「成長初期→成長後期→退行期→休止期」と言う生えかわるまでのサイクルがあります。


顔の面責に対して、通常表皮上に出ている毛は全体の1/3といわれているので、成長期〜退行期のヒゲを1回脱毛したとしても、皮膚の下で休止期だったヒゲがすぐに新しく生えてきます。


「ヒゲ脱毛したのに、効果がなくてすぐに生えてきた。」と聞くこともありますが、これはこの「生え変わりのサイクル」を理解しておらずに誤解している場合が多く、そのためヒゲ脱毛を諦めた人も多いのではないかと思います。

1回では終わらないヒゲ脱毛

ヒゲの毛周期があるので、ヒゲ脱毛を始めたら長期間定期的に通う事になります。


それでは1回脱毛してから、次に脱毛するにはどのくらいの期間を空けて行けばいいのでしょうか?


個人の毛周期と肌の状態にもよりますが、通常1〜2ヶ月を目安に通う事になります。


脱毛方法に関係なく、脱毛効果は表皮に出ている成長期〜退行期のヒゲに対してのみ効果がありますので、効率的に少ない回数でヒゲ脱毛を考えた場合、周期が長いヒゲのサイクルに合わせて3ヶ月空けると言う方法もあります。

始める季節も関係ある?

ヒゲ脱毛を始めるのにもいつでも言い訳ではなく、季節に関してもヒゲ脱毛に最適な季節があります


一番ヒゲ脱毛にお勧めの季節は「真夏は避ける」事です。


どの脱毛方法も多少は肌と毛根にダメージを与えてしまうので、「真夏」を避けることが最適な季節と言えます。


どの季節でも脱毛後は「毛嚢炎(もうのうえん)」になりやすくなるため、夏場に始めてしまうと、真夏の強い紫外線で日焼けのダメージで弱った肌に追い討ちをかけてしまう事になるので真夏は避けたほうがいいでしょう。

毛嚢炎(もうのうえん)


毛穴の奥で毛根を包んでいるところにブドウ球菌が感染して起こる皮膚の炎症

若いうちに始めよう

レーザーや光(フラッシュ)で脱毛をする場合、白髪には効果が無く脱毛できません。


ニードル方は関係ありませんが、なるべく若いうちに白髪が生えてくる前に始めた方が無駄が出ないので良いでしょう。

脱毛方法での注意点

ヒゲ脱毛方法ごとの注意点をまとめてみました。

レーザー・光脱毛の注意点

日焼けした肌では出来ない場合があります。


なぜならレーザー脱毛は肌色素の濃い部分にレーザー光を照射して組織を変質させる方法で脱毛するからです。


また、施術前にはヒゲの剃り残し・カミソリ負けをしないように丁寧に剃って行く事が大事です。


剃り残しがあったら別料金を取られて剃られる事があるので注意しましょう。


施術後は、化粧水などを使って肌の保湿をする事が大切です。


また紫外線をなるべく避けるために夏に限らず冬場でも、日焼け止めを使うようにしましょう。


レーザー・光脱毛では、いずれもその場でヒゲが抜ける訳ではないので個人差はありますが


7日〜14日辺りで抜け始める人が多く「ヒゲが抜けてない、効果が無かった」と諦めないようにしましょう。

ニードル方の注意点

ある程度伸びたヒゲに添って毛穴にニードルを入れて毛根を変質させて脱毛する方法なので、レーザー・光とは逆にある程度のヒゲの長さが必要なので、施術前日にはヒゲを剃らない様にしましょう。

施術の注意点

ニードル方は一番術者の手技次第で脱毛効果が左右される方法ですので注意が必要です。


「毛根に対しての処理をせず、ニードルを差し込んで引き抜くだけ」と言う普通の毛抜きをされると最悪です。


通常の脱毛の感覚は何回か通う間に分かると思いますので、違和感を感じたら遠慮せずに言ってみましょう。

通常ニードル法で処理できる本数は1分で7〜10本。30分だと210〜300本と言われています。

ページトップへ戻る

 

おすすめ|ヒゲ脱毛品川|