黒子があると脱毛できない?

黒子がある場合のヒゲ脱毛

黒子があると脱毛できない?

目尻にある泣き黒子や口元にある黒子は、その人のチャームポイントにもなりますが、盛り上がっている黒子などはヒゲ剃りの時に傷つける事にもなります。


ヒゲ脱毛をする時にも黒子の所だけ脱毛が出来ないのは嫌だなぁ…と心配になります。


そこで黒子がある場合のヒゲ脱毛は、どうしたらいいのでしょうか?

黒子のヒゲは避けて脱毛

レーザーやフラッシュ脱毛方法では黒子の部分は避けて施術を行います。


レーザーやフラッシュ脱毛方法は黒っぽいメラニン色素に反応するので、黒子部分に光が集中して反応してしまい、熱が発生してしまうので危険です。


そうなったら肌が炎症を起こしたり、酷い場合は火傷になってしまいます。


その場合は一般的に、光が反応しないように光を通さないタイプのテープなどで黒子部分をカバーして施術します。


しかしそばかすのように広範囲に黒子がある場合は、施術するところで処置方法は様々です。


ですので自分の黒子は避けて脱毛ができる状態なのか、無料カウンセリングの時に相談するようにしましょう。

黒子のヒゲは脱毛できる?

上でも述べたように、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はメラニン色素に反応してしまうので、黒子の部分は脱毛できません。


でもたまに黒子から生えているヒゲもあるので、その場合はどうしたら良いのでしょうか?


そんな場合は、ニードル(電気)脱毛なら色素を心配することはないので脱毛する事ができます。


ニードル(電気)脱毛は、毛穴に先端が丸く加工されている脱毛専用の極細の針(プローブ)を刺して1本ずつヒゲを脱毛する方法です。


肌に色素沈着がある場合でも脱毛可能なので、黒子から生えているヒゲは電気脱毛でしか施術できないといえます。


色が薄い黒子ならフラッシュ脱毛でも照射可能な場合もありますが、出力を通常よりも低く抑えるので効果も半減します。


お勧めの脱毛方法は全体的な脱毛をフラッシュかレーザーで行い、黒子部分のみ電気脱毛でするというやりかたです。


電気脱毛だと痛みが強く価格も高いのですが、ほんの数本なら電気脱毛でしっかりと脱毛するのがいいでしょう。


脱毛技術を上手に使い分けてみましょう。

急に出てきた黒子は要注意!

以前からある黒子は特に問題はありませんが、急に出てきた黒子は要注意です。


なぜなら悪性の腫瘍である可能性があるからです。


そのような場合、刺激を与えてしまうとさらに広がる恐れがあるので大変危険な状態になることもあります。


こんなところに黒子があったっけ?と思ったら、まず皮膚科に行って診察を受けましょう。

関連ページ

ヒゲ脱毛後の肌トラブル
ヒゲの脱毛後には肌のケアが大事です。これを怠ると肌荒れや色素沈着などのトラブルが発生します。どんな原因でそうなるのか?どうすれば回避できるのか?その方法を考えて見ます。
ひげ脱毛の埋没毛について
毎日髭剃りをすると埋没毛が出来易くなります。埋没毛はヒゲ脱毛できませんし、何より肌の見た目も悪くなります。埋没毛にならないためには何に注意すればいいのか対策法を解説します。
ヒゲを剃ると本当に濃くなってしまうのか?
ヒゲを剃るとよくヒゲが濃くなると聞きますが本当なのでしょうか?だとしたら何が原因なのでしょうか?本当の所はどうなのか検証してみます。
ヒゲ脱毛が終わってもまた生えてくるの?
ヒゲ脱毛が終わったと思っていても、ずっとヒゲが生えてこないというわけではありません。ではその時どうすればいいのでしょうか?対処法を解説します。
肌荒れ解消はヒゲ脱毛で!
ヒゲ脱毛をしなくても髭剃りだけで充分と思っていませんか?もし肌荒れに悩んでいるならその原因は毎日の髭剃りにあるかもしれませんよ?
ヒゲ脱毛を始める前にこれだけは聞いておくこと
ヒゲ脱毛を始める前には、まず無料カウンセリングを利用しましょう。そこで気になる点や解らない事があれば遠慮しないで聞きましょう。ここではヒゲ脱毛で押さえておきたいポイントを紹介します。
青ヒゲを目立たせなくする対処法
ヒゲを剃っても頬などが青くなって目立つのはなんとも気恥ずかしいものです。そんな青いひげ跡をごまかす方法で、何かいいやり方はないものでしょうか?
ヒゲ脱毛をするメリットは?
ヒゲ脱毛をすることにより、日常生活について様々なメリットがあることを知っていますか?ここではヒゲ脱毛をしたらこんなメリットがあることを紹介します。
ひげ脱毛は自宅でもできるの?
中々忙しくてヒゲ脱毛に行けないから自宅でやってみよう、そう考えている人も多いかもしれません。今は自宅でも脱毛可能な製品が出ていますがクリニックやサロンと比べて効果や使い方はどう違うのでしょうか?