ヒゲ脱毛後の肌トラブル

ヒゲ脱毛の肌トラブルが心配

ヒゲ脱毛.肌トラブル

ヒゲ脱毛を始める前に気になるのが、肌のトラブルの事ではないでしょうか?


ヒゲ脱毛では強い光やレーザーを当てられたり、毛穴にプローブを差し込まれて電気を流したりするので、肌への影響を心配するのは当然です。


ヒゲを脱毛した後には「痕が残って目立のでは?」と心配する人もいるでしょう。


ヒゲ脱毛後の肌へ、どのような要因で影響があるのでしょうか?

脱毛痕が残る要因は?

ヒゲ脱毛後の痕が残る場合、外的要因での色々な要素が考えられます。


・紫外線による刺激


・薬品による刺激


・摩擦による刺激


・その他の外的による刺激


・細菌の侵入による炎症


ヒゲ脱毛後に冷やしたり保湿するなどのスキンケアをしっかりすれば、ほとんど脱毛後の痕は残りません。


しかし肌が落ち着かないうちに日焼けや、乱暴な洗顔の刺激を与えるなどによって、痕が残るリスクはより高くなります。


また毛嚢炎(もうのうえん)と言う、毛穴の奥で毛根を包んでいるところにブドウ球菌が感染して起こる皮膚の炎症も起こりやすいので注意が必要です。

色素沈着の可能性

色素沈着とはメラニン色素が生成されたあと、それが排出されず肌の内部に沈着してしまうことです。


メラニン色素は肌に刺激を受けると生成されるのですが、通常は表皮の新陳代謝によって排出されます。


しかし受ける刺激が強過ぎると、メラニンの生成量も多くなり過ぎて新陳代謝が追いつかずに沈着しやすくなります。


ヒゲ剃りの痕を消せると思ったのに、脱毛痕が残ってしまっては本末転倒ですよね。


ヒゲ脱毛後はしっかりと肌のケアをして、色素沈着を防ぎましょう。

体験脱毛を利用しよう

まれにヒゲ脱毛後に肌質によって色素沈着を起こしてしまうケースがあります。


皮膚が弱く、外的刺激に対して炎症を起こしてしまう肌は、比較的痕になりやすいと言えます。


そこで自分の肌はヒゲ脱毛が出来る状態なのかを始める前に知っておいたほうがいいでしょう。


どうやればその判断が出来るの?と思われるでしょうが簡単です。


無料カウンセリング時に「肌への影響はどうですか?」と相談して、パッチテストをしてもらうようにしましょう。


パッチテストとは実際に目立たない部分で、脱毛を少し試してみて肌への影響を見る方法です。


これで肌が真っ赤に腫れあがるようなら、別の方法にするかヒゲ脱毛自体を諦めるしかありません。


体験脱毛などで、ヒゲ脱毛のお試しができるので積極的に試してみる事をお勧めします。

関連ページ

ひげ脱毛の埋没毛について
毎日髭剃りをすると埋没毛が出来易くなります。埋没毛はヒゲ脱毛できませんし、何より肌の見た目も悪くなります。埋没毛にならないためには何に注意すればいいのか対策法を解説します。
ヒゲを剃ると本当に濃くなってしまうのか?
ヒゲを剃るとよくヒゲが濃くなると聞きますが本当なのでしょうか?だとしたら何が原因なのでしょうか?本当の所はどうなのか検証してみます。
ヒゲ脱毛が終わってもまた生えてくるの?
ヒゲ脱毛が終わったと思っていても、ずっとヒゲが生えてこないというわけではありません。ではその時どうすればいいのでしょうか?対処法を解説します。
黒子があると脱毛できない?
黒子があるとレーザーやフラッシュ脱毛が出来ないとよく聞きますが、顔に黒子が多い場合はどうしたら良いのでしょうか?ここでは黒子があるときの脱毛について解説します。
肌荒れ解消はヒゲ脱毛で!
ヒゲ脱毛をしなくても髭剃りだけで充分と思っていませんか?もし肌荒れに悩んでいるならその原因は毎日の髭剃りにあるかもしれませんよ?
ヒゲ脱毛を始める前にこれだけは聞いておくこと
ヒゲ脱毛を始める前には、まず無料カウンセリングを利用しましょう。そこで気になる点や解らない事があれば遠慮しないで聞きましょう。ここではヒゲ脱毛で押さえておきたいポイントを紹介します。
青ヒゲを目立たせなくする対処法
ヒゲを剃っても頬などが青くなって目立つのはなんとも気恥ずかしいものです。そんな青いひげ跡をごまかす方法で、何かいいやり方はないものでしょうか?
ヒゲ脱毛をするメリットは?
ヒゲ脱毛をすることにより、日常生活について様々なメリットがあることを知っていますか?ここではヒゲ脱毛をしたらこんなメリットがあることを紹介します。
ひげ脱毛は自宅でもできるの?
中々忙しくてヒゲ脱毛に行けないから自宅でやってみよう、そう考えている人も多いかもしれません。今は自宅でも脱毛可能な製品が出ていますがクリニックやサロンと比べて効果や使い方はどう違うのでしょうか?